くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

年の瀬には極上の音楽を浴びて。

年も明けてからなんなんですけど
年末に見に行った2本の公演についてやっぱり書き留めておきたいと思います。

①12月22日 初めての!B'zライブデビュー!!
東京ドーム公演に行ってきました。
もんじゃのテナーメンにもなんと大好きな人がいて、
ファンクラブで先行予約に応募できるとのこと。
ずーっと好きだった割に行ったことないので
思い切ってお願いしたらチケットがとれたそうで!

もうね、とにかくパワフル。
そしてとても誠実で素敵な音楽。
さらにふと振り返ると、私も含めた観客全体が
B'zの音楽で一つになってどよめいている感じがするのです。
ドームの中では米粒くらいしかないちっぽけな二人が
観客全体を動かしているそのエネルギーに
そのエネルギーを放つことができる二人の音楽に
その音楽を放つことができる二人に
イチ音楽人として限りない憧れを抱きました。
いや、妬みさえ抱いてしまったかもしれません。

単に観客として思い出しても、
私の思い出の曲や好きな曲もたくさんやってくれたし
本当に本当に楽しい夜でした。

G君、誘ってくれてありがとう!!

d0039992_2059388.jpg
















②12月29日 カンターレ!イタリア ファンタスティックガラコンサート
初めての神奈川県民ホール!!
もともと声が好きでしたが、Twitterでお人柄を知ってから
ますますファンになった岡本知嵩さんが出られると
学校のポスターで見て思い切ってチケットを予約したコンサートです。
ちょうど12月29日はもんじゃの演奏会も終わっているし
ふみふみと2人でバイトもおやすみすれば
きっと1日夫婦の時間にできるんじゃないかと思って。

こちらもガラコンサートと謳うだけあって、
知ってる曲ばかりで、祝祭的な、ド派手な景気良い明るさがあって楽しかったです!

そして色々な方の声も合わせて聞けたり、
バレエを間近で見ることができたり、
目でも楽しめるエキサイティングなステージでした。

舞台の上の岡本さんはとりわけ圧倒的な歌唱力と美しさ(といっていいのかな)。
さらに太陽のようなひょうきんなトークで笑わせてくださって
とても楽しい2時間半を過ごすことができました^^)

ちなみにそのあとは興奮冷めやらぬ状態で
みなとみらいへと繰り出して
お気に入りのお店でシードルとガレットでプチ乾杯をする始末(笑)
そのあと夫婦でクリスマスプレゼントの交換をして
プリクラを撮って帰ってきたのであります^^)
d0039992_2115652.jpg















やっぱり音楽を奏でる者としては
たくさん心を動かしてくるって必要だ!!と
実感した二夜なのでした^^)
[PR]
by ballade-T | 2012-01-01 21:16 | おとのこと。

おとの満ちる場所。

2011年、12月25日。

ちーむ♪わたげさんと、合唱団もんじゃの
ジョイントコンサートに出演しました。


ピアノも、歌も、ソロもありました。


皆で作る演奏会にでるのは本当に久しぶりで。
なんというかこう、心がとってもたかぶっていました。

リハーサルがとてもうまく行き、
「やばいな」と思った予感が的中。

本番は何となく体が浮ついてしまい、重心が定まらず、
自分で(落ち着かなくちゃ、いつもの重心を思い出して歌わなきゃ)と
何度も思うのですがやっぱりうまくいかず、
最後まで喉に頼る割合の多い声で歌ってしまったように感じます。


ソロもそう。ピアノもそう。

最後まで、興奮してて自分をコントロールしきれていなくて
自分の作り上げたい身体から生まれる音ではなかったと思います。



それでも、そのことにこだわり続けたからこそ。
こだわって、諦めないで、身体を探り続けて声を出したからこそ。

今の私の未熟な部分も全て含めて、いちばん被害の少ない音が出せたのだろうと思います。
だから悔いはない。すがすがしいくらい後悔していません。


これからまた、試験や春の音楽会といった本番に向けて
私の音楽磨きが始まります。

もんじゃも新しい年を迎えて、ますます活動の幅を広げていくと思います。
新しい曲を決めて、ステージを考えて、酒を飲んで。

そんな中で、私が皆の声のために担う役割も、
きっとまたあるはず。
そのために自分を磨いて、還元できるものを増やしていかなくちゃ!


もんじゃの皆、ありがとう。そして、これからもよろしく。


最後になりましたが、単なる演奏ではなく、
素晴らしい演奏会となるよう尽力してくれた
iga、Y君、そしてスタッフの皆様。
本当に本当に、ありがとうございました。

d0039992_20461676.jpg
[PR]
by ballade-T | 2012-01-01 20:47 | おとのこと。