くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

花火イコール撥音楽器

こんばんは!ばらっどです。

よく考えたら先週末は珍しく、土日ともに外出してました。

土曜日は、一度ブログにも書いたことのある
地元出身の友達Aくんと花火大会!
mu君がお仕事でこられなかったのが残念でしたが、
首都圏のどまんなかで有名な花火大会を見ながら
函館弁と大爆笑にまみれた時間を過ごせた!
というのはとても大きかったです。

またいこうね!A!!

日曜日はジャズ教室の懇親発表会。
ま、これは既に前の記事で話してますので割愛。




んで、花火の話に戻りますと。


花火なんですけど、久しぶりに見てみたら、
いろんな音がするんですよねぇ~~。
ばん!とはじけてみたり、しゃらしゃらしゃらーーー…と鳴ってみたり。
楽器として言うならなんだろう!?!?って思ってたんですが、
燃えてはじけてるので、きっと撥音楽器にはいるでしょう。

そもそも楽器じゃない!というツッコミは受け付けませんのでアシカラズ






余談ですが、花火って本当に、
びろうどの夜空に穴が開くほど見つめなきゃ
怖くて見られたもんじゃないですね。

「沈まぬ太陽」を読み直していたせいか、
終戦記念日の後の土曜日だったせいかわかりませんが、

目を閉じて花火を聞いてみたら、
本物を聞いたことはありませんが『焼夷弾の雨』という言葉を思い出して
とっても心細くなりました。



それでなくても美しさにこころ砕く職人さんたちがいる以上、
花火を見るときは目をそらしちゃダメですよね。




…とまぁ、実り多いんだか意味わかんないことを考えてるだけなのか
まるっきりわかりません、というよりおそらく後者でしょうが、
なんだかいろんなおとやことばがうまれそうなそんな刺激が
心を駆け巡った週末でした!!

d0039992_22253187.jpg
[PR]
by ballade-T | 2007-08-21 22:25 | おとのこと。

ぬかにも木にもくぎをうつ

昨日発表会を終えてきました!

順番も当日までわからず(というよりむしろくじ引き)、
本番ではジャズに欠かせない間奏(という名のピアノソロ)を
抜かしてしまうという大失態をやらかしてしまいました。


練習もろくすっぽしていなかったし、
そもそも出るって決まったのが2週間前だし、
「発表会に向けてがんばろう!」っていうレッスンなかったし、
そういう意味ではぬかにくぎを打ったみたいに
全く歌ったてごたえを感じませんでした。


ここまでやらなさ過ぎたらそりゃ
「できなくて当然」って思いすぎて悔しさもうまれないくらい。
せっかくの貴重な舞台なのにって思ったら
1日経った今ようやくちょっぴりもったいなかったなって思うかなぁ。





そんなぐだぐだの発表会でしたが。





私の声を聞いて、
「特徴的でいいなって思いましたよ」って言ってくれた方がいました。
「素敵でしたよ」って言ってくれた方がいました。

心のすみっこのほんのすみっこのうぬぼれですが、
ほかの人より少しは皆さん静かに聞いてくれてる気がしました。
(営業時間外のジャズバーで、飲み食いしながら宴が進むのです!)

いや、やっぱりいいですね。
人の前で歌をうたえるびりびりしびれるような快感は
どんな場所でも、どんな人の前でも、
どんな歌でも、関係なく私のこころとからだをつきぬけるんです。

初対面の人に「素敵な声」って言ってもらえたり、
こんな感覚を改めて実感できたあたりは、

しかるべき木材にきちんとくぎを打ったような
たしかなてごたえを私に与えてくれたのでした。



さ~~、次はいつ、どこで誰の前で歌えるんだろう??
[PR]
by ballade-T | 2007-08-20 23:06 | おとのこと。

川崎初舞台

といってもごくごく内輪で、
しかも暗譜もしなくていいという(!)、
とってもとってもラフな会なのですが。

実は19日、ジャズの発表会があります☆
舞台ではなく定休日のジャズバーで、
お客さんを呼ぶわけではなく出演者やその家族だけで
ほのぼのと自己満足に浸る、
そしてその後はフリードリンクつきのお食事&懇親会という、
なんともなんともラフな会ではありますが。

私はCMなどでもおなじみの
Someone To Watch Over Me』を歌います。
「ん?」と思う方はリンクをクリック、したに進んで
試聴の1曲目を聞いてみてくださいね。

まだまだ習い始めたばかりなので
こんなに揺らしたりフェイク入れたりはしませんが。
今歌えること、今習っていることを
素直に出してこようと思います♪

あ~~~、楽しみ!
[PR]
by ballade-T | 2007-08-18 00:57 | おとのこと。

たいへいようもすてきがいっぱい

こんにちは。
どうも更新頻度が遅くなってるばらっどです。
関東は猛暑&かんかん照りに
毎日毎日まさに真夏です。


そんななか、先週木曜日、
久しぶりにmuくんとお休みが合ったので
日帰り夏ドライブと称してはじめて海へ遊びに行きました。


2人とも、日本海の片いなか、
美しすぎるくらいの海を心の中に持っていたので、
正直都会の海は…なんていいながら
京都にいた頃から敬遠していたんです。


それが変わったのは7月の末。
私が会社で所有しているクルーザーに
乗船して熱海で遊んでくるというありえない楽しい『研修』で、
熱海の海岸でシュノーケリングしたことがきっかけでした。

日本海では見たこともないような、
美しい色の魚たち!
水族館やペットショップでしか見たことがない、
いわゆる「熱帯魚」と呼べるような魚たちがたくさんいたんです。


もちろん北海道のように
豊かに昆布がたゆたっていて、
食べられそうな色の魚がきらめいていて、
という感じとはまた違うのですが、

「本州でも潜って楽しめるかも!」というように、
先入観が拭い去れたことが、いちばんのきっかけになりました。
水中で撮影できるようなものを持っていなかったので、
お見せできないのが残念ですが…。



どこに行くか決める前から車を借りてしまってたので、
出発は午前5時という、海には早すぎる時間に。
そこで、小田原港の卸売市場内の食堂、魚市場食堂に立ち寄り、
muくんはお刺身定食を、私はアジのたたき定食を
朝ごはんに頂きました♪
もぅね、すんごーいとれとれ!
たたきっていうか、たたいてないんですけど(笑)
細く切ってあるんですよ。しかもついてきた小鉢も
お味噌汁も、味わい豊かな海の幸でした。う~~ん、旅って感じ!!


海も、期待を裏切らない美しさ。
そのキレイさや楽しさに、お昼をはさんで
ついつい3回も入ってしまいました☆


「来年もまたいこうね」とmuくんと約束しつつ、
帰りは2人ともそれぞれ強烈な日焼けの痛みと戦いながら
帰ってきたのでありました(笑)

写真は真鶴道路という有料道路を通りながら撮った写真と、
「せっかくだから2人で記念写真を!」と意気込んで
セルフタイマーにしたものの岩場でうまい場所がみつからず
岩を撮ってしまったおもしろ写真です(笑)

d0039992_17224580.jpg














d0039992_1723471.jpg
[PR]
by ballade-T | 2007-08-12 17:23 | たびのこと。

梅雨があけた!!!

西日本におくれること約一週間くらい?

関東もようやく梅雨があけました。
本州の夏は暑くてむしむししていて、
決してだいすきではないですし
油断するとすーぐに体調を崩して食欲をなくしてしまうので
夏が来たからっていって
そこまで嬉しいわけでもないはずなのですが、


当たり前に梅雨が来て、
当たり前に梅雨が明けて。
そして梅雨が明けると蒸し暑く晴れた夏が来て。


日本人にとってあまりにも当たり前だったはずなのに、
今年はその『当たり前』が、とても嬉しく感じています。
大嫌いな蒸し暑さでさえ愛おしく感じてしまうくらい、
私は本当に夏が待ち遠しくて、
四季が大好きなんだと思います。




「地球からの警鐘」というと大げさですが、
当たり前のはずの四季の彩りが当たり前でなくなってきていること。

このことに、私たちはもっともっと怯えるべきなのではないでしょうか。
[PR]
by ballade-T | 2007-08-04 12:20 | ひびのこと。