くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ばらっど的ゴールデンウィーク

いやはや9連休(というか仕事がまだ始まらないだけです)を
満喫しておりますばらっどです。

といえども、mu君はお仕事なので
ひとりで遠出はしません。
mu君といえば、ここ2日でなぜかテーブルの上のお茶を
3回もこぼしました。まるでおじいちゃんです。。。


そんなmu君ですがなぜか昨日はお休みを頂いてました。
今日からの5連勤に備えておとなしくしているつもりだったので、
どこにも出かける予定はなかったのですが、
そんなのもったいないくらいの健やかな晴れ!!

2人で大洗濯祭&布団干し祭を開催したのですが、
思ったより早く終わったので、
買おう買おうと思い続けていた私用のチャリを買って、
ホットサンドを作ってちびトランクに詰めて、
多摩川河川敷へとくりだしました。

d0039992_18413185.jpg














田舎育ちで、どうにも都会になれていくことに抵抗を感じていたのですが、
昨日のんびりして少し考えが変わりました。
バックに高層マンションがそびえてても、
いつ写真をとっても電車が写ってしまうんでも、
ここは観光地か!?と言わんばかりに人が多くても、
それでもこうして河原でのんびりと本を読んだり
無邪気に石投げをしたり釣り人を眺めたりできるのは、
きっととても素敵なことですよね。



自転車を買ったおかげで、
2人での行動範囲がまだまだ広がっていきそうです☆



↓石投げmu君
d0039992_18425145.jpg
















↓大好きなてんとう虫を発見☆
d0039992_1843688.jpg
[PR]
by ballade-T | 2007-04-30 18:43 | ひびのこと。

財源確保!!

こんにちは。
先週木曜日のことになりますが、
2月より続けてまいりました就職活動に
ピリオドを打つ決意を致しました。


企業名は書きませんが、
スポーツジムの、バックオフィスでの事務をします。


決め手は、暮らせそうなお給料がもらえそうなこと、
勤務終了後ジムがただで使えること(笑)、
そして何より、私が歌が好きだということを話したとき、
「アドレス見たらすぐわかりましたよ(笑)」と微笑んでくれた
面接官の方をはじめ、
私の目を見ていろいろなことを質問してくれた
上司になる方や、受付で応対してくださった方など、
とにかく、しっかりしていて素敵な人が多かったからです。

ジムというとなんだか最近はやりだし、
すごく体育会系でナンパな感じの人が多いんじゃないかなと
(申し訳ないのですが)思っていたのですが、
そんなこともないみたいなので
頑張ってみたいと思っています。


それから勤務開始も5月7日!!
というわけで、もろもろの創作活動にも身が入ってます☆

これからもよろしくおねがいします!
[PR]
by ballade-T | 2007-04-24 12:27 | ひびのこと。

下北沢でアジアごはんと函館弁

こんにちは。
knightsound君に言われたので
「こんにちわ」から「こんにちは」に変えてみました。


さて昨日の話になりますが、
男と2人で遊んで飲んできました~~!!




といっても、浮気でもなんでもなく。
6年前、つまり高校生の頃バイトが一緒で、
仲の良かったA君が近くに住んでると判明し、
久しぶりにご飯を食べよう!ということになったのです。

東京の西側はわからないから場所決めて、という彼のリクエストで
私が選んだ街は下北沢。
待ち合わせて、カラオケ2時間行って、
ホットペッパーで見つけたアジア料理屋さんに居座って(なんと5時間半!)、
その間の私たちは、ずっとずーーっと函館弁でした。


なんせ6年もあってないし、
お互い全く違う道の歩き方をしてしまったので、
「変わったんじゃないかな?」「あの頃みたいに屈託なく話せるかな?」と
いろいろ不安に思いながら、会う機会を作ってしまったことを
少し後悔もしてしまっていたのですが、

彼は私を見るなり「変わってねぇ~~~」と大笑い。
私も彼のおしゃれ伊達メガネにだまされてしまったものの、
彼の顔立ちや、屈託のなさや、ひょうきんさや、まっすぐさが
全然変わっていないことにとっても安心しました。




バイトで一緒にならなければ絶対出会わなかっただろう彼ですが、
ブルーハーツがうまいこととか、音楽を聴くのがとてもとてもすきなこととか、
どこかこれは出会うべくして出会った友人だという気も
するところがあるくらいのヤツです。
彼もまた、mu君や家族や、
一緒に歌ったりしてきたたくさんの友達と同じように、
私のうたの話を全部真剣に聞いてくれて、まっすぐ応援してくれました。





本当に、私は幸せな人間です!
歌うことが本当に好きで、
歌うことを応援してくれる人がこんなにいるなんて。
またまた、頑張る元気を貰っちゃいました。

そうそう、ライブハウスのこととかを聞けたことも
彼と会って知った収穫です。
早くライブやりたいなぁ~~~、その前に曲をつくらねば(笑)
[PR]
by ballade-T | 2007-04-22 10:13 | おとのこと。

字を書くこととそのテンポ

こんにちわ。
ブログの記事も201件目ということで、
気持ちも新たにスタートです。


さて、昨日はmu君がお休みということで、
2人で渋谷でご飯を食べました。
な、な、なんと!閉店間際の西武の入り口で、
ジャガー横田さんを見かけました。。。
ジャージに真っ白なジャンパーを着て、
しっかりジャンパーの中にお子さんをだっこしてました。

凛々しくて素敵でしたよ。
意外と小さかったです。

閑話休題。

皆さんは、字がうまい方ですか?
あるいは書き順だけは正しい、とか何かありますか?

私はよく「早くても字の汚さが変わらない」といわれます。
友人やmu君に言わせると、
「字を綺麗に書くべきもの(履歴書とか)でもものすごい速さで書いていて、
でもそれがちゃんと読める字だからすごい」とのこと。
え~~~、そんなことないよ、と思うこともあるのですが、
確かに私、ゆっくり丁寧に書こうと思って書く字のほうがへたくそなのです。


そこで思いだしたのは、昔お習字の先生に言われた
「ばらっどちゃんは、とってもリズムのある字を書くね」という言葉。



つまりね、私って字を書くときにも自分のリズムがあるんだと思うんです。
曲とかフレーズを思い出してみてください。
音価や拍の強弱がはっきりしていれば、多少早くても
曲としての形が整ったままいられるように、
字を書くというのも同じなのではないかと思うんです。
だからばらっどの字は、ゆっくりと、いつもより丁寧にペンを運ぶのではなく、
適度なスピードを保ってペンを走らせたときが
いちばん上手に書ける気がするんですよねぇ~。


ところで、字を書くという話で言えば、
自分の名前がいちばん苦手だったりもします(汗)
苦手な漢字なんてのもあります(汗)
皆さんは、苦手な漢字ありますか???
[PR]
by ballade-T | 2007-04-19 12:32 | ひびのこと。

おめでとう私!!!

この記事で、なんと(ようやく!?)、

投稿200件目を記録いたしました!!ぱちぱちぱち~~



やっぱり記念の記事は音のことをば。


先日からずーっとできずに悩み続けていた
歌のひとフレーズなのですが、
ついにしっくりぴったりくるものが完成しました!!

本当は早く皆さんにも聞いてもらいたいような、
詩だけでも見てもらいたいような、
そんな気がするのだけれど、

この歌は、結婚した友人のために、
友人夫婦を思い描いて(新婦も新郎も知っている)作りました。
だから、彼らにいちばんはじめに聞かせてあげたい。


というわけで、皆様ちょっぴり待っててね^ ^*)



今日は記念の記事なので、
大好きな写真を載せちゃいまーす。

d0039992_21303948.jpg
[PR]
by ballade-T | 2007-04-17 21:30 | おとのこと。

本の虫 8

こんばんわ。お元気ですか?
アパートの1階に住んでるのですが、
上の子が今わーんって泣いてます。
大丈夫かーい??


さて、吉本ばなな改めよしもとばななはあまり好きじゃない!
と思っている私なのですが、

最近移動が多くて多くて。
本が読みたくてたまらない。
しかしながらそうそう本屋ばかりにも行っていられない。
ということで、私の人生でも珍しい
読み返し期が続いてます。


今日読んでたのは『キッチン』。
受験問題にもなるほどの有名作です。



うーん、、、相変わらずやっぱりばななさんは
とりたてて好きになれないのですが、
でも彼女の描く、非現実的な男女の距離感に
不思議と共感してしまうのが悔しいところ。
今日もその麻薬的感覚の渦の中にまんまとはまってしまいました。


だけど読んでみるものですね。
2度目に読んで、素直に共感できる言葉がありました。


  「カツ丼の出前に来たの」私は言った。「わかる?ひとりで食べたらずるいくらい、おいしいカツ丼だったの。」


わかりますか?
たった数日だけれど、離れて過ごしている2人。
なぜかわかってしまう、彼の心のせつなくるしい揺らぎ。
それを打ち破りたくて、タクシーを飛ばして彼の元へ。

小説の流れにそってこのシーンを見ても、
何のロマンスも色気も感じません。
しかもカツ丼って(笑)
さらに彼女は、彼にこれを届けるために、
既に鍵のかかってしまった旅館の、壁や屋根をよじ登るのです。
カツ丼を持って。



正直、こんなマヌケな彼女のことを私は冷めた目で見ています。
この物語の出来事も、とても入り込めずに見ています。

けれど、この、「ひとりで食べるのはずるい」という感覚だけは
ぴしゃり と私のこころにハマりました。
このお話の中で、私がただひとつだけ、
無条件降伏して共感して契約書にハンコ押しちゃったくらいの台詞でした。



そういう一文に出会うかもしれないスリルがたまらなくて、
そういう一文を逃すのが悔しくて悔しくて、
今日も私は本の雑食を続けてしまうのです。
[PR]
by ballade-T | 2007-04-15 18:59 | ほんのこと。

あたらしいいっぽのために

こんばんわ。
友人に曲をプレゼントしたいのですが、
あとたったひとフレーズが思い浮かばなくて
悶絶しているばらっどです。


さて、いろんなところにお友達のいるばらっどは、
このブログを通じて情報をたくさん発信していきたいと思っています。


まだできませんが、ライブのご案内なんかも
ここでできるようになったらいいなぁーーなんて思ったり。



そこで、このブログがよりいろんな人に読んでもらえるように、
テクノラティというサイトにメンバー登録してみました!!


ま、そこにブログ登録するためにテストが必要ってことで、
こんなリンクを作る必要があったわけです。。。
テクノラティプロフィール



ただ、使いこなせなくてあんまり役に立たないかもしれません…


こんな私ですが、どうぞこれからもよろしくお願いします☆
[PR]
by ballade-T | 2007-04-14 19:16 | おとのこと。

本の虫 7

どうもこんにちわ。
風邪かしら~、喉が劇的に痛い!と思ったら、
一晩経ってmu君にも移してしまった疑惑が発覚しました。
現在バイキンマンがのさばっております、
ばらっど家でございます。。。


さて、そんな中でも最近読んだ本からご紹介。
久しぶりのこのコーナー(って毎回言ってる気がする)です。


それがこちら、となり町戦争(三崎 亜紀著、集英社文庫より)。



  ある日突然、となり町との戦争が始まります。
  でもその実感がないまま日々は進む。
  そんな状態でしばらく経ったある日、
  主人公は町の作戦のため、偽装結婚をしてとなり町に住むことに。
  そこで彼が見たものは、そして感じたことは…!?

  それから、この小説を別の切り口から見つめた別章も収録。


秀逸。久々にそう感じる小説に出会いました。
私たちは今、戦争を全く実感していない時代に生きているけれど、
私たちの『暮らす範囲で起こっていないから日常生活が平穏』な状態と、
彼の『暮らす範囲で起こっているのに日常生活に現れていないから平穏』な状態と、


日常と変わらない、平穏な生活ができてしまう事実に差異はないのです。


だとしたら、私たちは「今自分に関わるところで戦争が起きていない」ということを、
何を根拠に言ったらいいのでしょうか?



日本だって、本当は全く関わっていないわけじゃありません。
自衛隊だってあります。

就職活動の際の面接で、
 『わが社ではこのような兵器産業にも参画しています。
 将来的にそういった部署に配属される可能性もありますが、
 そのことについては大丈夫ですか?』
と聞く企業があるということも聞いています。

おそらく、その会社だけではありません。
実際そこに原料を卸す会社、輸送を担当する会社、
それに付随する様々を担当する会社、
また或いはその部署の赤字を補填できるだけの利率がある別の部署、
そしてそこと取引をしている無数の企業…

自分の今立っているこの場所が、
置かれている立場が、
戦争というひとつの悪と考えられる事象に
全く関わっていないという自覚が揺らいでくる作品です。

「いやそれでも自分のまわりにはそういう人はいない」と考える事だってできます。
けれど、自分 という言葉を、「日本」に置き換えてもいいかもしれません。
そうしたなら、確実に、『対岸の火事』的な見方が出来なくなってくるのではないでしょうか。


「関わらざるを得ないのなら、関わっているという自覚を持っていたいのです」

別章で、新入社員にたいして上司が投げかける言葉です。
(抜粋ではないので言葉は違うかもですけれど)

でもそれならば、もっと違う関わり方をして生きていきたい、そう感じたばらっどでした。
[PR]
by ballade-T | 2007-04-11 18:36 | ほんのこと。

dear しんじゅく

こんにちわ。ばらっどです。
今日は、大学時代の同郷の後輩のブログからネタを拾ってきました。
彼の名を しんじゅく といいます。本当は違うけど。

彼は基本いいヤツなんですが、
その分?意外と心の中でぐるぐると自信のないところや
暗い黒いところを抱えています。
誰しもが抱えている黒いところを、
彼は真面目でいいヤツだから見過ごして生きられない。
なんとも考え込んだり、それのせいで悩んだり。
その辺のちゃらけたイケメンより、
よっぽど人間くさくて格好いい男です。

そんな彼が悩んだのは『最高の芸術とは何か?』ということ。
それを考え始めたが最後、
自分の生きる意味まで考えられちゃうんだから、
彼は本当に、思慮深くて素敵な男です。



***************
さてここからはしんじゅくに。
「コンクール向けと演奏会向け」についてだけれど、
本来、本当の意味では同じであるべきだと思う。
でも、コンクールは、数限りなく存在する「最高の芸術」ではなくて、
「より多くの人にある種の感動を与えうる芸術」を作り、披露する場だと思う。

はっきりいってしまえば、
技術も情感も稚拙にしかなっていない芸術が
誰かの『最高』たりえるには、
タイミングや、何かしらの理由やいわくや思い入れや、
芸術以外の何かが介入しないとなりえない。
そしてその「何か」は、えてして個々人で千差万別。

その千差万別の基準をもって判断できないから、
より多くの人が感動を覚える芸術が
大抵持っているもの―たとえば合唱で言えば音程や強弱といった技術―で比較して、
より高い質でそれらを具現化しているものがよりよい賞を与えられる。

だからコンクール向けっていうのは、
例えばそうした技術を出しやすい曲であったりするわけだし、
そこには当然、「成功させなければ」といった思いがしばしば見える。
もちろんそれが悪いことではないけれど、
そればかりが前面に出てきて苦しげだったり真剣過ぎたり、
ときに殺伐とさえした芸術が見えることもあるのは事実。

一方で演奏会っていうのは、
芸術的にはもっと雑念が入ると思ってる。
雑念といってしまうのは乱暴だけれど、つまりは芸術以外の要素ということ。
合唱で言えば、指揮者の伝えたい思い、団員たちの頑張ってきた思い、
あるいは誰かの思い入れ、とかそんなようなものが与える技術的なブレ。

でもその思いや、思いが生むより爛漫な表情が、
ときにはそうしてうまれてしまったブレさえもが
その演奏の魅力になる―コンクールでは致命的になることさえあるというのに―というのは、
しんじゅくも体感しているんじゃないだろうか。

私はそういう違いがある、と思っているよ。
けれど、本来芸術―音楽も含めて―の表出というのは
どんな場所であろうとも持てる力の全てであるべきだと思うし、
そのとき何に気をつけるべきか、それが違ってはいけないとも思う。
私にとって音楽がいつも自分の呼吸と同じくらい
当たり前で、それでいて自然なものであるのだから、
どんな場所であれ同じ状態で表出したいと思う。

ただ、「同じ素材を同じように調理しても、
それはいつも新鮮で、新しいものである(『大使閣下の料理人』より)」のと同じように、
芸術というものは、同じものを同じように表出したとしても
全く同じものは生まれ得ないし、
享受する側も全く同じ感じ方をするなんてありえない。

だから結局のところ、
芸術に基準なんてないという点ではしんじゅくに賛成。
だけれども一方で、ストイックでさえある鍛錬や訓練に裏付けられた
技術が生み出す繊細な―ときにはダイナミックな―表現に、
私は憧れや魅力を感じたりする。
それを評価する気持ちは素直に抱きしめていたいと思うし、
よりその表現が豊かだった人をよりたたえようとするのも理解するよ。


それからこれは余計な話だけれど、
誰にとっても必ずその人だけの最高の芸術があって、
それは決して技術や芸術としての素晴らしさだけじゃないってわかっているのだから、
そのことは芸術を人間に置き換えても必ず言える、と信じてみるのはどう?
誰にとっても必ず大切な人がいて、だから必ずどんな人にも
そこにいる価値があるんだと思う。
その価値を最後までわからないのは意外と自分なんだろうな、きっと。
そんなあなたに、ブルーハーツの『首つり台から』と『ロクデナシ』をおススメします。
もしこのふたつをきいて「そんなガッツない」と思ったときには、
是非『夕暮れ』を聞いてください。


では、この辺で!
[PR]
by ballade-T | 2007-04-09 21:01 | ひびのこと。

収納上手になりた~~い

こんにちわ~。春ですねぇ。
陽射しがとっても気持ちいい今日の川崎です。



さて、皆さんはインテリアにはこだわりたい方ですか?
私はお金もきれいにしておく甲斐性もないのに
インテリアや雑貨大好きな女の子なんです。
(意外と女の子っぽいでしょ??)


このたび2人暮らしになって、
食器棚をそれまで使っていたものより
奥行きのあるものに変えました。
食器も、それまで使っていたものに加え、
私が自分で使っていた食器が増えたんです。

しかし!!なんとも奥行きが…はっきり言って使いにくい!
そんな奥までいちいち手をのばしてられません。
しかも前においてある食器をどけてなんて…

というわけで、100円ショップの平べったいかごや
仕切りつきの縦長ーいかごを買ってきまして、
使わなくなったほうの食器棚で使っていた取っ手をとりつけて、
まあまあ使いやすくなったんじゃないかなと思います。
まだ前後においてあるところなんかもあったりして、
改善の余地はあるような気がするのですが…
どうしていいかわからないので、アイディアある方教えてください☆
d0039992_12411347.jpg










それから雑誌で「中身を隠して生活感を消す!」というのを見たので、
これまた100円ショップで布とアップリケを買ってみました♪
d0039992_12421788.jpg












本当はてんとう虫とかチューリップとかにしたかったんですが、
mu君もいるし、あんまり女の子女の子してもなぁ、ということで、
小犬と汽車をチョイスしました☆
d0039992_12433074.jpg










今日はこれからカラーボックスに簡易カーテンをつるして、
モデムやコードなどが雑多に入っているところを
隠してしまおうと思います!!

皆様は何かインテリアに工夫してますか???
[PR]
by ballade-T | 2007-04-08 12:44 | ひびのこと。