くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おそうじきらい

どうもこんにちわー。
「専業主婦に向かない」とつくづく実感しているばらっどです(笑)

今日の川崎はとってもとってもいい天気!!
なんていうか、青空が広がっていて、とてもすがすがしいんです。
私は花粉症がないので(mu君、かえでさん、いいだろー!)、
家中の窓を何ヶ月かぶりに開け放ってます♪

それからお天気に誘われて、布団を干したり洗濯したり。
調子にのって毛布まで洗っちゃってます。

本当は、この週末mu君の妹とママが遊びにくるので
それにそなえて掃除をしなきゃいけないし、
私がこっちに引っ越してきた荷物でまだ解いてないものがあるから
それを片付けてしまったりしたいんですけど、

何からどうしていいやらさっぱり…


ついつい逃げてしまいそう。くじけてます~~~助けて!!




*****************
関係ないのですが、函館旅行の時の写真をupしますね♪
これは飛行機の中からとったものです♪
d0039992_13303691.jpg
[PR]
by ballade-T | 2007-03-28 13:30 | ひびのこと。

無事終了!! ~私~

はい、どうもー。
再び演奏会のことを書きます。
つまんないとか言わないで読んでもらえたら嬉しいです。


私がまた歌い始めたのは、
川崎に来てから半年も経った頃でした。
1度レッスンを受け、
とても楽しい!と感じ始めた矢先、
入院してしまうという失態を犯しました。
私の中で、それからの1ヶ月ほどは、
人生を見つめなおす、大きな大きな悩みの中にいました。
心では、決まっていたことなのかもしれないけれど、
綺麗事だけでは生きていけない哀しい人間らしさの中で、
苦しんで、もがいて、ひとつの結論を見つけました。


けれどやはり、言葉に出すだけで実現するわけもない、
途方もない夢の中で、少しずつ焦りが出てきたのは年が明けてからのこと。
何か動かなければ。だけれど、誰に打ち明けてみたらいいのかすらわからない。
音楽はしょせん人脈なのか。
今までのくったり人生(ではないけれど)から急変して、苦しかっただけなのか。
そんな風に悩んだこともありました。


そんな時思い出したのは、
私がもらった、いろんないろんな言葉でした。

「あんたなら、どこにいっても必ず人の輪が広がっていくんえ。
音楽の輪を、あんたは広げていかなあかんえ」といってくれた先生の言葉。
「ばらっどちゃんがもし行きたいっていうなら、
ジャズを教えているママさんを紹介するよ」といってくれた会社の先輩の言葉。
思い出しては、「ここでだって必ずやっていける」と奮い立たせることができました。

「音楽を愛し、音楽に愛されるばらっど」と言ってくれたうたなかま。
「正直、就職先を聞いたとき『なんで音楽じゃないの?』って思ったんだよ」と言ってくれた心の兄。
「歌を一番大切に考えて、生きていっていいんだよ」と言ってくれた、
だいすきなだいすきなひと。

そして、私自身が思い描いている、
漠然としているけれど、凛としている音楽的生活の形。
いつ叶うかわからないから漠然としているだけで、
私の心の中には、こんなにも確かに音楽が流れているんですよね。




そう思えるようになってから、
少しだけだけれど変わったんじゃないかなと思います。
レッスンをきちんと入れて、決めた曲を私のものにしていって。
声を出し続けること、音楽を磨き続けること。
そういえば、「これ!」と気に入って買っていたノートを取り出して、
何でも思いついた歌詞やメロディーを書き留めるようにもなりました。

「お金がない」じゃない。
その気になれば、きっと毎食お茶漬けだって悔いはない。
いつだって、どこへだって、私は私の音楽を紡ぎに行こうと思ったんです。
だからそのために、いつでもいけるように音を紡ぎ続けたいんです。

せっかく音楽をやりたいって真正面から思ったのに、
見ず知らずの川崎にいるなんて、って思ったこともあったけれど。
でもその分、誰よりも早くライブ行脚できる足がかりをいろんなところに持っているのは
必ず私だと信じることにしています。


だから恐れずに、歌が好きだと叫び続けよう。
そんなふうにシフトし始めた矢先の演奏旅行となりました。


家で声が出せない分、練習不足は否めないけれど、
それでも先生に言われたことを思い出して、
自分なりに曲の色をたくさん想像して、
音楽として紡ぎ出せた演奏だったと思います。





輝きに満ちたひとつめの春が、今だと信じて頑張ります。

d0039992_22181758.jpg




自分のソロのときは
ちゃっかりもう少し
派手なのを
着ました(笑)


…しかし、
見るも無残に
太った!!あがぁ
[PR]
by ballade-T | 2007-03-25 22:18 | おとのこと。

無事終了!! ~母~

えー、ネット社会から隔絶された実家に帰ってまいりました。
前回も申し上げたとおり、発表会に参加するためです。

結果から言うと、無事終了!!!


母さんのあんな楽しそうな表情を、私は久しぶりに見たように思います。


考えてみれば、いつも人のために気を回し、
時には母として、時にはレジのおばちゃんとして、
哀しいときもにこにこして、何とか人のためになりたいって考えていた母。
父と2人、少ないお金で肩を寄せ合って、
幸せだけど我慢もたくさんしながら暮らしているであろう母。

今までの人生の中でも、
教師になりたいという夢も、大学へ行ってもっと学びたいという思いも、
歌を習ってみたいという憧れもみんな我慢してきた母でした。


父と車でドライブをして、近場の温泉でゆっくりして、
そんなつつましい幸せを体いっぱいに感じながら、
私や兄には、「やってみたい」ということを
ひとつも反対せずにやらせてくれた母でした。


「ばらっどに手がかからなくなったら、私も歌ってみたいなぁ」なんていっていたのに、
仕事も続け、お風呂や車などガタがきたものをとりかえたりしているうちに、
一年がたってしまい、はじめない母。

去年秋に帰省したとき、とにかく歌ってほしい!と思い、
先生と一緒に曲まで決めて、引っ込めない状況を作ってきちゃいました。
少しだけどお金の援助もこっそりして、
1月の母の誕生日に、と、本番で付けられるような
大振りのイヤリングをプレゼントしました。





でも、本当は不安だった。


本当は私が思っている以上に、家は苦しいんじゃないだろうか。
本当は私が思っている以上に仕事が大変で、
レッスン通うの大変じゃないだろうか。



けれど、実家に帰って本当に安心しました。
レッスンのテープを聴いていたり、私が使っていた姿見を使っていたり、
衣装もイメージで決めていたり、
楽譜を見なくても歌詞が見えるように、
天井から大きな模造紙をつって歌詞を書いていたり。
子どものようにわくわくしながら、
まっすぐに歌を楽しみにしている母がいました。




本番。

母の歌う「千の風になって」は、会場いっぱいに響きました。
間違えたところもあったけれど、息が続かなかったこともあったけれど、
初めのころよりずっとずっと綺麗な声になっていて、
のびやかに歌う母の背中が、とても大きく見えました。
そうそう、旧知の友人まりに伴奏してもらって
母娘で歌った「朧月夜」も大成功!
声やしゃべり方がやはり似ているのか、
合唱をやっていた頃ありがちだった
『母音やピッチが違ってイマイチはもらない』というのが
比較的少なかったのではないかなと思います☆


終わった後の、本当に嬉しそうな母の顔を見て、
あらためて、「うたをこころでかんじとってうたう楽しさ」という
純粋な気持ちをもらいました。
私も割とそういうタイプだと思っていたけれど、
この日の母の顔には叶わないと思います。




自分の演奏はどうだったかって?
それはまた、次のおはなし。

d0039992_1232364.jpg









母との2ショット☆
ちなみに私のイメージは鈴木京香で☆
(苦情は受け付けませーん!!)
[PR]
by ballade-T | 2007-03-24 12:03 | おとのこと。

和訳に挑戦

  Amazing Grace! How sweet the sound
  That saved a wretch like me!
  I once was lost, but now I'm found,
  Was blind, but now I see.

  'Twas grace that taught my heart to fear,
  And grace my fears relieved;
  How precious did that grace appear,
  The hour I first believed!
(歌詞抜粋…ウィキペディアより)



  『大いなる恵み』 それはあんまりにも甘ったるい響きだけども
  俺みたいにちっぽけなヤツまでしっかり守ってくれやがる
  今の俺だからこそ見つけられたもの
  今の俺だからこそ見えているもの それはたしかな『大いなる恵み』だ

  何かを恐れるという気持ち
  そしてそんな黒雲の中でお天道様の光を見つけたこと
  今思えば 教えてくれたのは全部『大いなる恵み』だ
  今思い出しても そいつぁとびきり素敵な恵みだった
  俺が初めて信じちゃったくらい とびきり素敵な恵みだった
                     
 translated by.ballade-T





*******************

突然びっくりさせちゃいましたね。ごめんなさい。
私の友人であり、うたなかまであり、
そして最も尊敬することばつむぎびとでもあるDDD氏より、
昨夜一通のメールが届いたんです。

 「来月、所属する合唱団で
  Amazing Graceを歌います。
  自分なりに和訳してみたのですが、
  ばらっどさんも訳してみて?」


なに~、これから荷造りをしようと思ってたのに…
なんて思っていたのもつかの間、
すっかりハマって今まで考えてしまいました(笑)
ま、おそらく気乗りしたときじゃないとやらないでしょうから、
よしとしましょう!!!

DDD氏自身の和訳はこちら

いつものDDD氏とは趣向を変えてきていて、
とてもシンプルで素敵に仕上がっているのですが、
文法的に私が「こうじゃない?」って思うところがあったり、
大学時代に歌った(正確には伴奏をした)時に知った、
もともと奴隷貿易に関わってしまった船乗りが作ったという背景を意識して、
思いっきり思いっきり思ーーーーーーーいっきり意訳してみました(笑)

文法的な間違いは目をつぶって欲しいのですが、
感想などあれば是非ともお伺いしたいです。
よろしくお願いします。

*******
いつのまにやら、このブログに遊びに来てくださった方が
13,000名を越えました。
心より御礼申し上げます!!
[PR]
by ballade-T | 2007-03-19 01:29 | おとのこと。

あれもこれもすき

こんにちわ。ご無沙汰してます。
もう少しちゃんと更新したいなぁと思いつつ、
パソコン開くとネットサーフィンしてばかりのばらっどです。

誰か叱ってください。

さて、そんなばらっどですが、
明日から演奏旅行に行ってまいります(うわ、カッコイイ)。
地元でずーっと習っていたお教室の発表会があるので、
そこで歌をうたってまいります。
今回はイタリア歌曲、つまりクラシックです。

mu君と旅行に行くときがいつもそうなのですが、
たーーーーーーっくさん持っているCDの中からテーマを決めて選んで、
オリジナルのCDを作って持って行きます。
はじめは『ドライブっぽいノリノリな曲』を集めていたのですが、
今ではスロー~ミドルテンポを集めた『slow numbers』、
のびやかな曲を集めた『natural numbers』、
それから季節を強く感じられるような『Autumn numbers』或いは『Winter numbers』などなど。

それが、今まではただCDをつくるだけだったのですが、
プリンターを年末に新しくしてから、ジャケットやCDそのもののデザインも
できるようになったのです!!!!!

嬉しくて、しかもハマっちゃいまして、いろいろまた作っております^ ^)
母にあげたい曲や、秋川雅史さん(千の風になってが大ヒット中ですね)のアルバムなど
パソコンでコピーして、CDをデザインして印刷して、
今回のおみやげにしようと思ってます。


次はどんなのを作ろうかなぁ~~るん♪


d0039992_10324178.jpg


赤い紐の右側が以前作ってたもの、左側がプリントするようになったもの。
[PR]
by ballade-T | 2007-03-18 10:33 | おとのこと。

そもそもはじめてっていつだっけ

こんにちわ!
昨日はダメダメなところさらけちゃってごめんなさい。
さらに昨日は踏んだり蹴ったりさらに蹴り続けられたりって感じで
全然いいこともなかったのですが、
今日はおひさまにも助けられて
とても素敵な1日のまま終わりそうな予感がしています。


さて、午前中はJAZZヴォーカルのレッスンに行ってきました!
積水ハウス時代の先輩に連れて行ってもらったジャズバーで、
2回行っただけなのにママや店長さんやマスターや
常連の方と仲良くなれて、
「これからどんな音楽をやるにせよ、
JAZZをやっておくのはいいことだと思うよ」とママにも言ってもらえて、
さらにレッスンもされているママで。

この2週間がとっても夢のよう!という感じで、
なんとも素敵なつながりが広がる場所に
めぐり合えたのではないかな、と感じてます(勝手に)。



そんで今日がその、待ちに待った初レッスン!!
勇んで録音も持っていったのですが、
なーんだかとっても楽しかった!!!!!

これまでの発声をいかしていいところもあり、
かえていかなきゃいけないところもあり。
ママに『それきっとクセになってるよ』と笑われちゃいながら、
頑張っちゃってみました。


『でも、クセになるくらい頑張ってきたんだね。すごいよそれは』って
褒めて頂けてとっても嬉しかった。
音大に行かないって決めたのも、でも合唱続けちゃったことも、
文学部でよかったことも、音大じゃなくて不利だ!って実感したことも、
いろいろ感じていろいろ思ってくじけそうになっていたから。
ママの言葉は、とっても嬉しかった。


ママのだいすきなところは、
私がJAZZヴォーカリストになりたいんじゃないって
わかっていて教えてくださるところ。
だから、ご自身が日舞と唱歌でセッションした経験とか、
今も通ってらっしゃるクラシックのボイトレの話とか
たくさん聞かせてくださったりします。
そしてことあるごとに「いつかオリジナルでうたっていけるように、
今は自分の音楽探しをしなさい」と言ってくださいます。

就活のこととか、これから本当に
歌を聞かせることができるようになるのかとか、
不安なことはたくさんたくさんあるけれど、
でも今は今がとても嬉しい!



今、心の底から思うことがあります。
歌がとても幸せで、パワーで、不安で、心配で、苦しくて、かなしくて、
楽しくて、嬉しくて、悩みがいっぱいあるっていうこの状況こそが、
私の心を動かしてくれているんだなぁっていうこと。
お菓子のマーブル生地を、ただ2色まとめてボウルに入れただけじゃ美しくなくて、
どっちかにヘラでも入れてぐるりと混ぜて初めて美しい模様になるように、
私は歌を抱きしめていてこそ、他の私生活も輝いてくるような気がします。

「うたうことは いきること」だと、改めて実感した記念日です。
[PR]
by ballade-T | 2007-03-10 15:41 | おとのこと。

ご無沙汰してます

背景変えました。
日々晴れやかに輝いていく風景にあやかって、
春の輝きがいっぱい満ちていくような花の写真です。


転職活動がうまく行ってないわけでは、
決してないと思います。
音楽活動が全然うまく行ってないわけでも、
ないと思います。

けれど心が晴れない。
心は晴れない。
時間をうまく使えない。
仕事でも、やるべきことの期限でも、
お給料でも、なんでもいい。

弱くて弱くて、苦しいのだけれど、
私に行動を起こさせる、外からの力が欲しい。


うまく行ってないわけじゃないけれど、
うまく行ってるわけじゃない。

私のせいなのか、それともそうではないものなのか。
新卒の就活のときは周りと比べすぎて苦しかったけれど、
今は逆に、どこで満足していいものなのか、
全くわからない。わからない。わからない。



誰かきいて。誰かうなずいて。

とても苦しい、晴れやかな春の陽の下。
[PR]
by ballade-T | 2007-03-09 14:44 | こころのゴミ箱