くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

青空に向かって

まっすぐに竹竿をたてて
そしてその竹竿と
その向こうに広がる青空を
まっすぐに見つめる日々がはじまります。

ときどき恐くなったり
怖じけづいたりして
あしもとや後ろや
竹竿の立っている地面を見てしまいそうだけれど

少年少女やこまくさや
ピアノや歌や友人や
両親や数えきれないくらいの存在に愛してもらえたから
きっと私の竹竿はしっかり大地とつながっているはず。

だから私は歩いていきます。
まっすぐに、竹竿の指す青空を見て歩いていきます。

皆さんの新しい春にも、
限りない青空が広がっていることを信じてます(^.^)
[PR]
by ballade-T | 2006-03-31 14:24 | ひびのこと。

封印を解く。

携帯にまで持ち込むと、
きっとはまってしまう。

てことで今まで封印してた投稿&閲覧ですが、
mixiに続いて、
ついにこっちまで赦しちゃいました。


…つまりは今実家です☆
まさにおさかな天国。

てなわけで、旅行記はしばしお待ち下さいm(_ _)m
[PR]
by ballade-T | 2006-03-23 17:31 | ひびのこと。

九州旅行記 1日目

ということで。
卒業旅行も大詰め。
最後に九州に行ってきました。
生まれてこのかた九州という土地に足を踏み入れたことがないこと、
どうしても一度訪れたい場所があったこと
が理由です。

まずは早朝の伊丹空港へ。
朝起きられないと分かっているので、
あらかじめほぼ徹夜に近い状態で出発。

d0039992_094022.jpg





しかーーし!!
乗った後、「電気系統のトラブル」で50分飛ばず。がぼーん

結局到着予定の時間近くに出発。
まぁ気づかず飛んじゃうかもしれない某Sカイマークよりは
断然良いことにしますw



d0039992_0122594.jpg













到着後の宮崎はとにかく南国でした。
d0039992_0124726.jpg












ソメイヨシノはまだでしたが、
ヤマザクラは咲き誇っちゃってました。
その後道の駅に寄ったりなどしながら一路鹿児島を目指します。
途中甘乳蘇(和製チーズのようなもの)や
宮崎流チキン南蛮にえびソフトクリームなどなど、
とにかくたべまくりツアーでしたw
d0039992_018773.jpg









ちなみにこれは「ごんぐり」といって、マグロの胃袋。
町のお惣菜やさんに売ってたので買いました。
から揚げになっていて、なかなかクセのある味ですが
酒好きな私たちにはピッタリなおかずでしたとさ(笑)


途中地図で見つけて立ち寄ったのが、
「日本一の大楠」。
樹齢1500年というこの木。正直圧倒されました。
北海道には、こういう古い木ってないんですよねー。
しかも歴史も浅いですからね、
こんなような「脈々と続く息吹」みたいなものを感じると、
本土っていいなぁと思ってしまうのです。
d0039992_0212036.jpg























ちなみにこの写真、人間が写っています☆



その後鹿児島に入ると、
社会科の教科書を彷彿とさせるような
見事な桜島!!どどーん

d0039992_0231666.jpg











う…美しい…とにかく美しい…
かなりいろんな角度から見ましたが、
本当に美しい山です。
しかも、まだ噴煙が見えるにもかかわらず、
その麓にまで人々の生活が溢れている。
飾り物でもなんでもない、
生きている山の姿を見つけたような気がしました。





そうして一日目はおしまい。
実は夕方鹿児島ラーメンを食べに行って、
ホテルに戻ってのんびりお風呂に入って、
デパ地下で買い出した食料や
その日あちこちで買った珍味を肴に、
これまたデパ地下酒コーナーで買った芋焼酎を
楽しみましたとさ☆



ちなみにデパートの名前は『山形屋』。

えっ…!?




…よく見たら、「やまかたや」って読むらしいです。
紛らわしいです。。やまかたや。。。
[PR]
by ballade-T | 2006-03-19 00:12 | たびのこと。

ひとつの区切り

 大好きな同回生たちへ

卒団、おめでとう。
涙を覚悟で振り返ってください。
あなたたちのいた4年間は、
どんなに素敵なものだったでしょう。
あなたたちの人柄や音楽に、
溢れるほどのパワーをもらった人たちが、
私をはじめ、どれくらいいるでしょう。

いつも合唱にまっすぐで、どこでもどんな場所でも、
私を見つけると手を振ってくれたあなたへ。

話したことはないけれど、舞台のうえでは
いつも真剣で、勇ましくて、りりしかったあなたへ。

あいさつをすると、いつも穏やかに微笑んで
返答してくれたあなたへ。

いつも張り切りすぎては空回りしてしまう私に、
ほんわかした言葉をかけて慰めてくれたあなたへ。

どんなときも強く気高いのに、それでも時々
弱いところをさらけて、私を頼ってくれたあなたへ。

そして、

私のわがままで不器用なきもちを、
すべて受け止めて包んでくれた、あなたへ。

卒団、本当におめでとう。
団としてはひとつのくぎりだけれど、
音を楽しむという行為には、
区切りなどないと思っています。
春からどんな生活をするとしても、
どんなかたちであれ、
皆さんの心や唇に、歌がこぼれるといいな、と思います。

ちなみに、私はしばらく
歌を忘れられそうにはありません。
だからきっと、皆さんのことも、
しばらくは過去の人だと思えません。
どうかこれからも、同じ4年間を違う場所で過ごした者として
仲良くしてもらえたら嬉しいです。

                            幸せものの ballade-T より。
[PR]
by ballade-T | 2006-03-12 14:14 | おとのこと。

三月です。

今日はとってもぽかぽか陽気でしたね。
北海道から両親と、千葉から兄夫婦が遊びに来ていて、
今日はその案内をしました。


ええ、mu君も一緒に。


まぁ昨日は、両親と兄夫婦と私で
清水と国立博物館と三十三間堂にいって、
その後祇園のはじっこにある旅館に5人で泊まって、
家族水入らずで過ごしたので、
実際は今日1日の案内にmu君という名の水が
加わったわけです。

まぁ水とはいえどもballade家が
油だというわけではないので、
楽しかったです。
疲れたけど。

結局4年間京都に住んでたのにはじめて行ったところとかあって、
「近いところにいると意外と行かない」っていうのを
実感した2日間でもありました。

兄夫婦は仕事があるので一泊で帰ったのですが、
両親はもう2泊京都に残ってます。
明日は両親とmu君と私の4人で
一日を観光に費やします。
楽しめるといいな。



*****************
さて、私自身は春から
寮という名の新築ワンルームマンションに住むのですが、
わけあって配属された川崎に出かけてきました。
いろいろ歩き回った結果、
ひとつの奇跡が舞い降りました。


mu君と私、春から同じ区民になります。
今よりむしろ部屋が近くなります(笑)
らっきーらっきーらっきーー
[PR]
by ballade-T | 2006-03-05 22:02 | ひびのこと。