くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新・おともだち。

新しく、リンク追加しました。
甲子園や合唱でたくさん話がはずんだigaさんです。
どうぞ、よろしくね^ ^*)
[PR]
by ballade-T | 2005-08-31 23:55 | たびのこと。

ひとりごと天国

d0039992_22594982.jpgちょっとした事情があって、
ここ2日間、家でほとんど口を開いてません。
正確に言うと、
口は開いているけれど、
それは全て部屋の中にぽとりと落ちて、
床にするすると融けていってしまうんです。
私以外、誰の声もしなくて、誰の言葉も返ってこないんです。

唯一の救いは、物言わぬ家族たちが
私の言葉に応えてくれること。
そばにいて、にっこりおしゃべりしてくれること。
部屋中にある全てのものの息吹が、
「ひとりじゃないよ」って言ってくれること。
2日前までとまったく変わらない空気が流れているかのように、
あたたかく、ここにあってくれること。

一人ぼっちの部屋が怖くて、かなしくて、
思い出しては、子どもみたいにすぐめそめそしてしまうから、
いつのまにか私は、
この2日間、わざと忙しい予定を入れてしまっていました。
こんな淋しい気持ちの洞に、行かずにすむように。
淋しくてかなしくて不安でどうしようもない気持ちにそっぽ向いて、
じっと今をやり過ごして、
そうして1日を迎えてしまえるように。

もう帰ってこないわけじゃない。死んでしまったわけじゃない。
たった、たった10日ばかり、
すれ違って互いのテリトリーに浸かってくるだけ。
こんな気持ちにならないって決めたのに、
やっぱりなっている私が、いました。
ごめんなさい。

入れかわるように、この部屋に人間の言葉が満ちるまではあと4日。
ひとりごとが、床に落ちる前に人間にひっかかるまではあと8日。

忙しくしていれば、もう、すぐ目の前です。
毎週見ている番組を1回チェックしたら、もう、すぐそこです。
[PR]
by ballade-T | 2005-08-30 20:53 | こころのゴミ箱

というわけで甲子園の思い出。

見に行った試合はまさにこれ。
地元代表 v.s. 現居住地代表 ということで、どちらも応援してました。
d0039992_1991537.jpg












着いたばかりのスタンドはこんなにガラ空き。
「やっぱり決勝戦と言えどもプロ野球とは違うのね…」なんて思ってました。
d0039992_1911734.jpg











無料の外野席なんてまだまだこんなんです。

d0039992_19133921.jpg












それがこんなに埋まるんです。
結局、写真はとりませんでしたが外野席まで満員でした。
後からニュースで知ったところではどうやら8万人程の集客だったとかそうでないとか…。
誰かわかる方教えてくださぁい。
ちなみにベンチのそばに見えてるのは駒苫ナインです☆
d0039992_1918507.jpg












これは準備して行った帽子(100YENショップです^ ^;)と甲子園で買ったグッズです。
本当はこのほかに、参加校全ての名前が入ったペナントも買いました☆
メガホン持って、声の限りに応援したんですけど、
歌い上げるのとはまた違った楽しさがたまらないっ!
ヤミツキになりそうです^ ^*)
d0039992_19225397.jpg

















今年いっぱいで私も大学を卒業します。
関西にいるかどうかも、どれほど時間を作れるかもわからない。
だから、
「関西にいるうちだからこそ出来ることをしよう!」
と思ってます。
甲子園もそのひとつでした。
幸い、昨年駒大苫小牧高校が初めて真紅の優勝旗を北海道に持ちこんだ、
その試合をずっとテレビで追いかけていたこともあって。
今年の私は去年よりも球児たちに熱い視線を向けていました。
こんな形で締めくくることが出来て、
本当に嬉しい1日でした。

ちなみに、このあと合唱の先輩でもう働いている方に
お酒やごはんをご馳走になりました。
「和食以外がいい」という私のリクエストから韓国料理屋になったのですが、
そこで先輩は「本当は困ったら『回らない寿司屋』に連れてったろうと思っててん」と。
ぎゃー、食べてみたかったです…
「何か食べたいのない?俺この辺りあんまり知らんねん」って
私たちに聞いたのは先輩だったじゃないですか…(涙)

さらば高級寿司…
[PR]
by ballade-T | 2005-08-29 19:33 | たびのこと。

優勝確定!

ちょっと前の話になりますが…
我が地元、南北海道代表の駒大苫小牧高校が、
甲子園で57年ぶりとなる2連覇を達成してくれました。

その後不祥事が発覚していろいろごたつきがありましたが、
無事、あらためて優勝が確定しました。
もちろん、様々な処分や対応がなされましたが、
これを機に、今後より素敵な大会が出来るような審議のあり方や
部活のあり方などととのっていけばいいなと思っています。

さて、どうしてこんなことを書いたかというと。
私、応援にいってたんです!
(苦手だけど)早起きして、(手抜きだけど)お弁当作って、
(眠いけど)電車乗って、(暑いけど)頑張って3塁スタンド側の席をゲット!!

試合開始3時間前くらいに着いたのに、
既にバックネット裏の席が売り切れましたとのアナウンス。
もちろん私は駒大側スタンド!
ちょうどベンチの上方、ピッチャーの投げる球が見えるような位置に
座席を確保したんです^^)

試合は本当に息を飲むものでした!
どちらにいつ大量得点があってもおかしくない…
というようなピンチの連続。
そのたびに、守備がタイムをとったり、
ベンチからの伝令が伝えられたり。
試合の様子は、お気に入りブログ『いがの徒然日記』のほうが
詳しくて面白いのではしょりますね。
ぜひとも参照してください☆

まぁそんなわけで、TV中継を見ていた皆さん。
9回表の『あと1球!あと1球!』コールですけどね。

私も叫んでおりました!!

最後の校歌斉唱ですけどね。

私も歌っておりました!!

ふう…なんというか、興奮も喜びもひとしお。
ちなみに、表彰式の大会歌演奏で入ってきた合唱隊の先頭は…
背が低くて前髪がそろった、とあるおっちゃんでしたとさ(笑)
[PR]
by ballade-T | 2005-08-29 09:30 | たびのこと。

実家生活 =北海道の味・その1=

d0039992_11374615.jpgみなさんこんにちわ。

今日はベッタベタの北海道ものを紹介します。
実はこの写真、私が掘ったもの。
父方の親戚の家に行った折、
「自分が京都で食べる分は自分でほっていけー」との一言を受けて、
ちょうど畑に残しておいてくれた1畝を掘ってきたんです。

ジャガイモというのは夏に掘って、
それを1年かけて食べるのですが(当然冬は雪の下に保存)
もちろんなくなってしまうと店に出回っているものを
買って食べるわけです。
しかし、北海道産がなくなった頃出回っている=北海道産より早く出来る

=北海道産ではない

ことが多かったので、久々の地元産との対面になりました。

部屋に場所がなくて困って…

いや、おいしいのでぜひおすそ分け&一緒にごはんしましょう☆
[PR]
by ballade-T | 2005-08-24 11:36 | たびのこと。

実家生活 =函館の味・その2=

d0039992_16493156.jpg
皆さんは知ってますか?
実は、函館は『イカの街』として有名。
イカを使った料理もありますし、トラックなどで売りに来る
とれたての『朝イカ』もとってもオススメです。

私にとって、昔からお刺身というのは
外で食べるものではなく、サクごと買ってきて
家で切って食べるものでした。
おすし屋さんに行ったこともありません。
だって、わさびが食べられないから
家で酢飯を作り、具をたくさん用意して手巻き寿司をする方が
多かったからです。

久しぶりにイカ刺しが出たので、
自分でイカ刺し丼を作ってみました。
あつあつのごはんにのりと大葉(家でとれたもの)をしき、
たこの刺身(親戚が釣ってきた)をまわりに並べ、
しょうゆで和えたイカ刺しをどん!
箸で3つかみくらいのせて、
筋子をひと切れ、その上にショウガを少しのせて出来上がり。
ちなみにショウガと大根おろしという組み合わせは、
函館っ子式イカ刺しの薬味。
お皿にイカとショウガと大根おろしを取りわけ、
しょうゆをかけて、和えて食べるんです。
おしょうゆのお皿に刺身をつける通常のスタイルとは
ちょっと違うんですよね。
是非、お試しあれ☆
[PR]
by ballade-T | 2005-08-21 16:50 | たびのこと。

実家生活 =函館の味・その1=

こんにちわ。久々の更新です。
この何日かを使って、私の実家生活を紹介したいと思います。
いろんな意味で京都と全然違う暮らしをしてきたので、
楽しんでもらえたら幸いです。

さて、以前『焼きとり』についてお話したのを覚えていますか?
一応おさらいしときましょうか。

北海道→焼きとり=豚肉&長ネギ

でしたね。
それ、お見せします。ばばん!!

d0039992_2153039.jpg









見えにくいかもしれないですが、
たしかに豚肉でしょ。それもたぶんバラ肉。
これは『焼きとり弁当』というシロモノで、
函館市民にとってはまさに郷土の味といえるものです。
といっても特別なものではなく、
地元で展開しているコンビニ『ハセガワストア』で
買えるものなんですが。
とはいえ、注文してから焼きはじめ、
焼きたてをお弁当にしてくれたりするので
味はおいしいです☆
最近セイコーマート傘下に入ったらしいので、
これからは札幌あたりでも食べられるようになるかも。
嬉しいけど、ちょっとさみしい…
[PR]
by ballade-T | 2005-08-19 22:03 | たびのこと。

本の虫 2

他にも読みました。

4.江國香織『ホリー・ガーデン』

 →学生時代からの友人、果歩と静枝の物語。  
   お互いのことを、言葉よりももっと奥で理解しながらも、互いの恋愛だけは解せない、
   という感じが、江國らしいありふれた空気の中に描かれています。
   果歩を無邪気に慕う中野という青年も、その空気のあたたかさが見える一因かも。
   どうでもいいのですが、果歩の姿を見ながら、私は自分の高校時代を見直しました。
   「意外と私、普通だったかも」ってね。

5.山本文緒『ブルーもしくはブルー』
 
 →さっき紹介した『みんないってしまう』の作者が書いた長編です。
  いろいろあったのですが、これで一躍有名に、ってとこがあるみたいに見えたので
  これにしました。
  とてもそっくりな、ふたりの蒼子が出会うことによって起こる不思議な物語。
  決められない、でも決めなければいけない、そんな二つの選択肢、もしもうひとつの選択肢
  を選んでたら…?二人にとって、まさに相手はそんな人生を歩んでいたのです。
  「取り替えてみようよ」そして味わうもう一つの人生とは…?
  とてもドキドキしながら読めます。でも、突然後半から愛憎どろりとしてしまうのが残念。
  山本文緒、もう少し読んでみようかな。


…さて、電話が鳴りました。
もうすぐご飯だから帰っておいで、
さしずめそんな電話でしょう。

実家にパソコン欲しいなー  
[PR]
by ballade-T | 2005-08-11 18:53 | ほんのこと。

本の虫

こっちにきてから、貪るように本を読んでいます。
不思議ですね…時間がたくさんあるように感じるからかも。
どんな本を読んだか、ざーっと紹介します。

1.矢沢あい『下弦の月』上・下巻

 →結構前に、り○んで連載した漫画です。
  「アダムのところに行かなくちゃ」そう言いながらも古い洋館から出られないイブの魂。
  何とかしようと、小学生の仲良し4人組が立ち上がります。
  子どもらしい一生懸命さと、女子高生の切ない恋愛が絡まって、素敵です。

2.山本文緒『みんないってしまう』
 
 →いろんな恋愛の形を描いた短編集です。
  初めて山本文緒を読みましたが、結構すきかも。と思いました。
  ただねー、時々「えっ?」ていうくらい中途半端なところで終わります。
  このひとの長編を読みたい、そう思った1冊でもあります。

3.城山三郎『素直な戦士たち』

 →これはもともとうちにあった本。
   しかもかかれたのも少し古い。なんたって作者は昭和2年生まれだからねー。
  お見合い結婚した主人公ですが、なんとお嫁さんは子どもについて
  壮大な計画を実行しようとしていました…
  「東大に必ず合格し、人生の『自由』を勝ち取る子どもを作る」
  出来ると思いますか?是非子どもを作る前には読んでみてください(いつだよっ)

…疲れてきました(笑)
このつづきは、このあとまたかきまーす。
「お、読んでみたい」と思った本がある方は、どうぞ一声かけて下さい。
お貸ししますので。
「お、読んだ読んだ」という本がある方も、どうぞコメントつけて下さい。

お待ちしてまぁす♪
[PR]
by ballade-T | 2005-08-11 18:30 | ほんのこと。

せっかく

ネカフェに来ているので、
もう1件くらい更新しておこうと思います。

みなさんは、実家に帰ったら何をしていますか?
何をして過ごすことを楽しみに、
『実家』という場所に帰りますか?

不思議ですよね。
私、思いつかないんです。

でも、ぼんやりと曖昧に思うことがあるとしたら。
それは、
『戦わずに生きるため』『安心しきった呼吸をするため』
そんな気がするのです。

もちろん京都に居て、2人暮らしのような1人暮らしをしている時も。
癒されて、休まる場所があります。
とてもありがたいことに、
上質の毛布よりあたたかく、
地球が回り続けることよりも確かなその場所は
私のすぐ手の届くところにあるのです。

それでも、
そことはまるでタイプの違う空間が、
実家にはあるのです。

んー、不思議。
そして、そんな違う安心空間を2つも持ってることって、
とっても贅沢だったのね。
ほんとに、ありがとね。

とりあえず、この安心感にとっぷりと浸かりながら、
窓をいっぱいに開けて風とたわむれ、
大きなグランドピアノと片言の会話を交わし、
ふりそそぐ暖かな陽射しにまるくなって、
TVから溢れる高校球児たちのひたむきな姿を聞きながら、
ゆるやかな時間の波に身を任せて本を読みふけっています。

どんな本を読んでるか、って?

それはまた、次のおはなし。
[PR]
by ballade-T | 2005-08-08 18:45 | ひびのこと。