くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おいしいじかんのすごしかた。

ども、こんばんは。
梅雨空の雨の中かえってきたばらっでぃです。


今日は待ちに待った荷物が届く予定でした。が。



一ヶ月でいちばん忙しくなる日だったので
遅番で帰るmuくんに託したつもりだったのにmuくんは飲みにらちられ
自分も予想より1時間も遅くなり
当然荷物なんか間に合うはずもなく

会社で借りた傘は壊れていて
無傷で降りたはずの電車ではなくホームのエスカレーターでチカンされ
近道するのに通り抜けたスーパーにあった
半額のスイカをもってかえる気力すらなく
土砂降りの中やっとこさ自転車をこいで帰宅してみれば

雨は小降りになるし荷物は希望時間ぎりぎり遅くに来てくれてたし
(予定通り帰れていたら何とか受け取れていたのがまた悔しい)
部屋の中は一日中締め切っていたから梅雨時のカビくささが鼻を突く





でも。

それでも。


郵便受けには久しぶりの人からの手紙
母からの郵便
また降り始めた飽きない雨音
大好きなルームフレグランス
独りだからと手を抜けるたまごかけごはん
近くにいる同期からの軽いメール

こうして居心地の良いものたちで
少しずつ少しずつ

残りわずかな今日が満たされてゆくのです。



結局のところ
同じように22時半に帰宅したとしても
それから眠るまでの2時間強をどんな風に過ごすかで
気持ちが虚ろになるか満たされるかが変わる気がします。

元気な日のように音を紡いだり手の込んだ料理をしたり
ウィンドーショッピングをしたりお風呂にゆっくり入ったりは
とっても疲れてできないけれど

少しだけ手を抜いて
音楽を聴いたり手抜きのごちそうを食べたり
ネットをしたりシャワーですっきりしたり
そうして短縮版の夜を紡いでいくことで

残りわずかな今日を満たしてゆくことはできるのです。
d0039992_22534182.jpg

[PR]
by ballade-T | 2009-06-16 22:53 | ひびのこと。