くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

はるのあおぞらにうたのシャワーを

こんばんは。


突然ですが、今実家に帰ってきておりまして。

mu君と喧嘩したわけではありません。


毎年恒例になりました
昔習っていた声楽の門下生の発表会に
今年も出演して参りました。


今年はいろいろあって母の伴奏に加え
別の先生について習い始めた兄の伴奏も。

さらにもはや人生の約9割を知り合いとして過ごしている先生と
ついにデュエットを果たし


そしてようやく自分の出番を果たして終わることができました。

思いでのたっぷり詰まった芸術ホールで
今も歌が歌えるのは本当に幸せなことです。
応援してくれる、聞いてくれる、
支えてくれる、皆に感謝。


今年は今まででいちばん
からだじゅうから声を出すことができました!

思うように歌えなくて悔しいところや
スタミナ切れでくじけそうにもなりましたが
今までで一番気持ち良かったです。

記録のために、曲目。

<母の歌>
1.夕焼け小焼け
2.どこかで春が
3.小鹿のバンビ
年々声が澄み渡って来ている母。
今年も清らかに聞かせてくれました。
拍子に乗り切れず苦戦してましたが、
来年また違う曲でリベンジしてもらえたら良いです(笑)

<兄の歌>
1.Calo mio ben
2.帰れソレントヘ
はじめてにもかかわらずとっても堂々としてました!
バリトンが一番多いと言われる男声において
声変わりしたのにあんまり低くならなかったみたいな
明るくて軽やかなテナーは武器だと思います。
ただなにぶんカタブツなので、
ナンパなイタリア男を演じるのに苦戦してました(笑)

<先生と>
1.ねこの二重唱
先生の胸どころか
全身を借りるくらいの勢いで歌いました。
アドリブが利くあたり、
私、骨の髄まで先生の生徒みたいです(笑)

<自分ソロ>
武満徹『うた』より
1.小さな空
2.明日ハ晴レカナ、曇リカナ
3.死んだ男の残したものは
こまくさでもやった3曲を選びました。
なんと10分くらい歌ってました(笑)
きっと長くてうざかったでしょうが
観客席は最後まで静かに聞いてくださいました。
本当にありがたい。
来年も頑張ります。


もともと声質に迫力がなく、声量もなかったので
私の声にはオペラアリアより歌曲だな、
と思っていたのですが
今年歌ってみてようやく
来年あたり、アリアやってみようかな。と
思えるようになりました。


歌ってやっぱり、私のたましいです。
[PR]
by ballade-T | 2009-03-21 00:13 | おとのこと。