くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

四半世紀保たれた生命

四半世紀とは25年のこと。
なっちゃいましたよ。25に。

私の命も、いつのまにか四半世紀も生を保ち続けていたわけです。
ちょっといびつな心臓も、クソ真面目に鼓動を打ち続けてくれてたわけです。

死んでしまいたいくらい絶望した日も、
真っ暗闇の中を這いつくばった日も、
心ない言い方にすっぱりと傷ついた日も、

たくさんの人に、声に、歌に支えられて生きてきたような気がします。


心臓は不随意筋らしいので、私のあずかり知らぬところで
これからも死ぬまで鼓動を打ち続けるのでしょうが、
その不随意筋を動かす源は、決して栄養素なんかではなく、
周りに溢れる全てから頂く不思議な力のような気がします。

ありがとう父さん。ありがとう母さん。
ありがとうそばにいてくれるみんな。
ありがとう遠くで思い出してくれるみんな。

ありがとう、うた。




てなわけで、これからもどうぞよろしくねーーー!!!
[PR]
by ballade-T | 2008-06-07 23:12 | ひびのこと。