くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あの日から、2年。

今年もまた、3月11日がやってきました。

私の1年はやっぱりめまぐるしくて。
悩んで、もがいて、それなりに報われた!って思うこともあって、
でもやっぱり殆ど悩んでもがいて落ち込んでへこんで
がむしゃらになってしゃにむに走ってた日々でした。


ここ川崎市では。
あの日の前の暮らしと、今の暮らしに
もはや違いのようなものは見えません。一見。

けれども、日々報道される震災関連ニュースや
ちょっとした日常のクセのようなものが
あの日を境に、変わっているような気がします。


私で言えば。


Yahooの地震情報を、一日に一度はチェックしています。
いつも誰かのことを気にしてるような、そんな感覚で暮らしてます。

そして。

絶対に歌をやめない、毎年歌いに行き続けるって、決めてます。
私は住むことはできないけれど、
それでも好きになった石巻の街へ毎年行くって決めてます。

そんな時、石巻の人たちにうとまれないように。
「また来たのかw」って笑われないように。
人前で歌える人間になれるように。
絶対、音楽で食べていくことにこだわる人間であり続けよう、と決めました。



「『思い出す』っていうけれど、それは『普段忘れてる』からじゃないの?」
というツイートを見つけました。
そういう風に思ってしまうくらい辛かったんだろうということも、
そういう風に見えてしまうくらい政治レベルでは変わってないことも、
よーーーく、痛いくらい、感じます。

けれど、普段は辛かったことを心の片隅にしまって前を向いて頑張ろうとすることが
こういう節目の日に改めて思い起こして心を寄せようとすることが
そんなに悪いことだとは私には思えない。

だから、やっぱり私は『思い出す』という言葉を使います。

さあ、明日からまた日々を積み重ねて。
一日一日、前を向いて、生きていこうと思います。

写真は、去年行った時の石巻。
日和山から、北上川方面を眺めて。
d0039992_23504395.jpg

[PR]
by ballade-T | 2013-03-11 23:51 | ひびのこと。