くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ひとりごと天国

d0039992_22594982.jpgちょっとした事情があって、
ここ2日間、家でほとんど口を開いてません。
正確に言うと、
口は開いているけれど、
それは全て部屋の中にぽとりと落ちて、
床にするすると融けていってしまうんです。
私以外、誰の声もしなくて、誰の言葉も返ってこないんです。

唯一の救いは、物言わぬ家族たちが
私の言葉に応えてくれること。
そばにいて、にっこりおしゃべりしてくれること。
部屋中にある全てのものの息吹が、
「ひとりじゃないよ」って言ってくれること。
2日前までとまったく変わらない空気が流れているかのように、
あたたかく、ここにあってくれること。

一人ぼっちの部屋が怖くて、かなしくて、
思い出しては、子どもみたいにすぐめそめそしてしまうから、
いつのまにか私は、
この2日間、わざと忙しい予定を入れてしまっていました。
こんな淋しい気持ちの洞に、行かずにすむように。
淋しくてかなしくて不安でどうしようもない気持ちにそっぽ向いて、
じっと今をやり過ごして、
そうして1日を迎えてしまえるように。

もう帰ってこないわけじゃない。死んでしまったわけじゃない。
たった、たった10日ばかり、
すれ違って互いのテリトリーに浸かってくるだけ。
こんな気持ちにならないって決めたのに、
やっぱりなっている私が、いました。
ごめんなさい。

入れかわるように、この部屋に人間の言葉が満ちるまではあと4日。
ひとりごとが、床に落ちる前に人間にひっかかるまではあと8日。

忙しくしていれば、もう、すぐ目の前です。
毎週見ている番組を1回チェックしたら、もう、すぐそこです。
[PR]
by ballade-T | 2005-08-30 20:53 | こころのゴミ箱