くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

せっかく

ネカフェに来ているので、
もう1件くらい更新しておこうと思います。

みなさんは、実家に帰ったら何をしていますか?
何をして過ごすことを楽しみに、
『実家』という場所に帰りますか?

不思議ですよね。
私、思いつかないんです。

でも、ぼんやりと曖昧に思うことがあるとしたら。
それは、
『戦わずに生きるため』『安心しきった呼吸をするため』
そんな気がするのです。

もちろん京都に居て、2人暮らしのような1人暮らしをしている時も。
癒されて、休まる場所があります。
とてもありがたいことに、
上質の毛布よりあたたかく、
地球が回り続けることよりも確かなその場所は
私のすぐ手の届くところにあるのです。

それでも、
そことはまるでタイプの違う空間が、
実家にはあるのです。

んー、不思議。
そして、そんな違う安心空間を2つも持ってることって、
とっても贅沢だったのね。
ほんとに、ありがとね。

とりあえず、この安心感にとっぷりと浸かりながら、
窓をいっぱいに開けて風とたわむれ、
大きなグランドピアノと片言の会話を交わし、
ふりそそぐ暖かな陽射しにまるくなって、
TVから溢れる高校球児たちのひたむきな姿を聞きながら、
ゆるやかな時間の波に身を任せて本を読みふけっています。

どんな本を読んでるか、って?

それはまた、次のおはなし。
[PR]
by ballade-T | 2005-08-08 18:45 | ひびのこと。