くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

思い入れのある音楽 その1

だいぶ前にbatonをもらったときに、
『思い入れのある5曲』として紹介した曲たちについて。
ちょっとだけ、紹介します。 
 
 ・バラード op.23 (F.chopin)

→思わずチョピンと読んでしまいそうですが、正しくはショパン。
当時高校1年だった私が、あるCDを聞いて
一目惚れ…いや、一耳惚れしてしまった曲です。

当時私は地元で開催されるコンクールに出ていて、
その年は既に『12 Etudes op.25-12』という曲を
弾くことが決まっていたのですが、そのコンクールが終わる前から

「私、来年は絶対にこれを弾くから!!」


と宣言した曲です。


楽譜も見たことないくせに、CDから判断する限り当時の私には
難易度が高すぎるっぽいくせに、
私の決意は相当固く、そして年が明けても冷めない熱がありました(私にしては珍しい)。
そして、念願かなってこの曲を弾くことが許され、
結局何度弾いても飽きないこの曲とは、
2つのコンクールと2つの演奏会で、計5つのステージを共にすることになったのです。
しかも、それまで1度も入賞しなかった夏のコンクールで、
初めて入賞することが出来ました。

今でも、時々思い出しては弾いています。
高校2年の私ほど巧みには弾けないけれど、
指が必死に覚えている鍵盤を追いかけるから不思議です。


 ・caro mio ben (カルダーラ)

→イタリア歌曲という、声楽やる人にとってはバイブルとも言える曲集から。
もしかしたら、音楽の時間に歌ったことある人もいるかも。
これは、私が本格的に声楽曲を歌ってみたい!と
思うきっかけになった曲です。

この曲と出会ったのは若干小学6年生。
今も続く、ピアノと声楽を教わっている先生の教室があるんですが、
そこの生徒たちが総出演する発表会に参加したときです。
私は『椰子の実』を歌い終わり(小学生らしいですね)ほっと安心していたところ、
教育大に通うテノールの方が歌っていたのがこの曲でした。

うまかったかどうだったか…それは覚えていません。
というか、あの時はうまく聴こえてましたが、
今以上に音楽の上手下手が分からなかったので分かりません。
でも、品の良いニットときちんとアイロンのかけられたスラックスをすらりと着こなして、
飾らない、やさしい歌を歌っていた姿に惹きつけられたのを覚えていたのです。

「私、この歌を歌う!!」

イタリア歌曲の存在も知らなかったくせに、
宣言している私がいました。
結局この曲でもコンクールに出たり、発表会で歌ったりと、
いくつかのステージを共にすることになりました。


…書きすぎましたね(-_-;)
疲れたので、残りの曲に関してはまた今度書くことにします。
ではでは、addio(伊:さようなら)!!
[PR]
by ballade-T | 2005-07-27 17:41 | おとのこと。