くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夢は口に出すと叶うって誰かが言っていた

5月4日は、友人や先輩のご縁で
岐阜県大垣市にあるcoro alba の Spring Concert に
ゲスト団員としてオンステさせていただきました。


演奏会はとても充実していて、楽しかったのです。
(ゲストなのに、とってもオイシイsoloまでやらせていただきました!)
打ち上げももちろん、美味しいビールをいただけました。
今回も我慢していたチョコレートだって、
美味しく美味しくいただきました。



でも。




その時にね。



ショックなニュースがあったんです。




私にとっての、アルバの星。
声がとっても素敵で、彼が団にいるだけで
「あの声に合うような声を出したい!」とか
「あんなふうに歌ってみたい!」って思えるような
のびやかなテノールのMさん。

年も近くて、若干下ネタは多いですが気さくにお話してくださって。
そんな素敵な、テノールのMさん。



アルバを一度、卒業なさるのだそうです。



ご結婚されて大垣から遠くなったことや、
名古屋でも別の合唱団で歌い始めたことなど、
色々な要素が重なり合っての決断だったようなのですが。




とても、ショック。




でも。

歌い続けていれば、いつか。
いつかきっとまた歌えるんじゃないかって。

そんな風に信じて、連絡先を交換して。
「また、歌いましょうね」って約束して。
泣かずにお別れしました。


またいつかお会いしたときに、
お互い「ますます素敵な声だ!」って刺激し合えるように。
ただひたすら、私の道を歩くのみ、です。


だから。


Mさんに伝える言葉は、
See You AGAIN!! 以外の何物でも、ないのです。
[PR]
by ballade-T | 2011-05-19 23:58 | おとのこと。