くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あの日から、2週間。 (3)

部屋に戻ったものの、電気がつきません。
ひとまず我が家には充電式のテレビがあるので、
それをつけ、ろうそくをつけて、
ふみふみのためにカセットコンロで夜ごはんを作り始めました。
私は両親に連絡が取れず、またこわさが先に立ってしまい、
とても食欲がありませんでした。


ところが1時間もしないうちに、窓の向かいのマンションから
灯りがこぼれているのにふみふみが気付きました。

電気が戻っていたのです。

我が家は地震の後ブレーカーを落としていたので、
ふみふみにブレーカーをあげてもらい、
明るいこと・あたたかいことのありがたさを噛み締めました。


津波が来ているのは知っていましたが、
その規模と被害を、その時ようやく知ったのです。


眠れずに起きていると、函館の映像が流れました。
どことは言いませんでしたがどこと分かるその場所で、
軽トラックが流されていくのがわかります。
父の会社のすぐ近くでした。


結局その夜は函館の誰にも連絡が取れず、
また余震のたびにこわくなり飛び起きてしまうので
電気とテレビを点け、ジーンズをはいたままこたつで眠りました。
といっても、うとうとしては揺れ、起きては電話をし、の繰り返しで
ほぼ眠れない夜となってしまいましたが。


函館のおばに連絡が取れたのは、朝の6時半でした。
その後ようやく、海のそばに住む祖母にも電話がつながりました。
実家だけつながらなかったのですが、ほどなくして、かかってきました。
ようやく家族全員の声を聞いて、
すやすや眠る芳史の寝顔を見ながら安心して涙が止まりませんでした。


父の会社の工場が、たった61センチ浸水した津波でやられ、
大きな機械が燃えてしまったそうです。
事務所もめちゃめちゃ。けれど皆さん無事でした。
仙台に進学している義妹も、たまたま春休みで山形に帰っていて無事でした。

なにかと縁の深い東北。
けれど、ひとまず私の周りは皆無事でした。
手放しに喜んではいけないことだけれど、でも本当に嬉しかった。



その後も大きな余震があったり、いろいろなところで揺れていたり、
原発のことがまだ落ち着かなかったり、計画停電が始まったりしていますが、
とりあえず私は無事でいます。
少しずつ気持ちも落ち着いてきました。

この3連休、地元で演奏会があって帰るはずが帰れなくなりましたが、
それでもこうして落ち着いて暮らせること、
本当にありがたいことなのだと感じています。


まだまだ復興には時間がかかると思いますが、
私の大好きな北日本に、早く笑顔が満ちあふれるよう、
できることをひとつずつ、やっていきたいと思います。



長くなりましたが、忘れないように記録しておきました。
単なる備忘録なので、ここまで読んでくださった方、
なんだかすみません。。。


今ここにある命、せいいっぱい大切にしていきましょう。

(おわり。)
[PR]
by ballade-T | 2011-03-25 18:50 | ひびのこと。