くもひとつない青空のように  迷うことのない道を歩いてきた  たとえ回り道に見えたとしても   私にとってそれが航路だ
by ballade-T
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お気に入りの場所。
=おともだちの部屋。=
ほのぼーの亭
Maybe there's hope
RocK & LivE
Talk about my Thought and Days
いがの徒然日記
『人生は短編小説だ』~成澤広幸、音楽の日々~
With Art photolog
Your Love and The Crossing.

=ぷろふぃーる。=
なまえ:ballade-T
  うたうときには ballady
じゅうしょ:
  やまがた市やまのふもと
うまれたところ:
  はこだて市うみから5分
すきなこと:
  おんがく全般、料理、
  ぴくにっく、どらいぶ
おおきさ:
  びりやーどのキューと同
  じくらい
カテゴリ
全体
ひびのこと。
たびのこと。
ほんのこと。
おとのこと。
こころのゴミ箱
ことばつむぎ箱
以前の記事
2013年 03月
2012年 04月
2012年 03月
more...
ライフログ

自己ベスト


ave maria


天使なんかじゃない―完全版 (1)


下弦の月―Last quarter (上)


ぐりとぐら


魔女の宅急便


GTY‐550040 ショパン全集3 バラード (パデレフス

DELFONICS
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あの日から、2週間。 (2)

子どもさんを迎えに行くお母さん。
すれ違わないようにお子さんの情報を聞いておいたり、
そこにいる方々と情報交換をして、
ご主人と連絡を取るよう促したり東北にお知り合いがいないか確認したり…
私自身の話(函館と山形に両親がいて、仙台に義妹がいて…)をしたり、
阪神大震災を経験されている方とお話しているうちに、
誰ともなく落ち着いて行動できるようになりました。


お子さんたちがぽつぽつと帰ってきて、
お母さんたちが落ち着きを取り戻してきたのも大きいと思います。


真っ先にふみふみに連絡したかったけれど、
きっとお店も大パニックだろうと思って電話しませんでした。


けれど、函館も鶴岡も電話がつながらない。
もしやと思って、兄のいる沖縄にかけてもつながらない。
せめてメールをと思うと、メールは一応送れるので、
それからしばらく、事態が動くごとに
ふみふみ・父・義父・義妹・兄にメールを送りました。


そのうち母親が一緒にエントランスにいることに安心したのか、
余震も気にせず子どもたちが遊びはじめます。
私たちも停電が解決しないことにはどうしようもないし、ということで
誰とはなく、次第に、エントランスにレジャーシートやチョコレート、
充電器や懐中電灯など思い思いに持ち寄って待つことにしました。


地震から2時間ほど経ったでしょうか。
送れているはずのメールなのに、全く受信していないことにふと気付き、
試しにメール問い合わせをしてみると25件ほどものメールが。

登録してあるメールの地震速報もありましたが、
友人からのメール、そしてふみふみからの連絡もありました。
その後もメールは比較的順調で、
(といっても問い合わせをいちいち必要としましたが)
連絡手段があることの安心感を感じていました。


ふみふみは結局お店が18時閉店になるとのこと。
とはいえ帰宅難民が多いでしょうから帰りは遅いだろうな、と覚悟しましたが
早番だったこともあって19時すぎに「歩いて帰る」と連絡があり、
21時前には無事に会うことができました。

人が多すぎて多摩川沿いを歩いてきたそうなのですが、
空襲でも受けたように空が火事で赤く輝くのを見てきたそうです。


結局停電はまだおさまらず、
「いつまでもエントランスにいるわけにいかないから」と
21時でそこを離れ、それぞれの家に入りました。


夜までひとりでいることなく、
近所の皆さまや中学生の女の子と話をしながら待てたことは
とても心強く、ありがたく思いました。


(また、つづく。)
[PR]
by ballade-T | 2011-03-25 18:49 | ひびのこと。